ライブラリー

設計家  上田 治 氏について 

8番ホール設計図

【8番ホール設計図】

 

設計家 上田 治 氏 ~小野東洋ゴルフ倶楽部コース設計家~
上田 治 (明治40年~昭和53年)

『東の井上誠一』と並び『西の上田治』と称される
日本を代表するゴルフ設計家

豪快でダイナミックな作風で知られている。
専門誌では、常に西の巨匠と称されている。

プロフィール
  • 1907年(明治40年)、大阪府茨木市に生まれる
  • 旧制茨木中、松山高時代は背泳の選手として活躍
    大正11年の極東大会で100m背泳優勝
  • 京都大学農学部卒業
  • 昭和5年英国人設計家チャールズ・アリソンが廣野GC(兵庫県)を設計した際に造園の知識を買われ助手として同コースの造成に加わる
  • 昭和15年から29年まで同ゴルフ場の支配人を務める
  • コース設計家として名声を得て、西日本を中心に生涯で54コースを残す
  • 当時の設計家としては珍しく、「グリーン床は水はけの良い砂が一番」との主張を持ち、現代では当然の常識となっている
  • 奈良国際GCでブルドーザーなどの大型土木機械を使用し、近代ゴルフコース設計に新風を起こす
  • 女性的なラインが特徴とされる『柔の井上』に対し、
    『剛の上田』といわれ男性的なたくましさが売り物
コース設計代表作 奈良国際GC(奈良)、小野GC(兵庫)、大阪GC淡輪コース(大阪府)、よみうりCC(兵庫)、下関GC(山口)、広島CC八本松コース(広島)、古賀GC(福岡)、門司GC(福岡)、茨城GC(茨城)、
その他多数
ページのTOPへ